トップページ >  ひやおろし

千代の光 ひやおろし (秋限定)

「ひやおろし」とは...
寒い冬に仕込んだお酒が貯蔵され春・夏を越え熟成されます。 昔は現在のように低温貯蔵が出来ず、外気温が上昇するとお酒が劣化する可能性がありました。 秋口になると冷たい秋風が吹き始め、外気温の様に冷えた貯蔵酒が出荷できるようになります。 このことを「冷や卸し」と言ったそうです。
今では低温でのタンク貯蔵が当たり前になり、 寒仕込みの新酒が夏までの熟成期間を経て飲み頃になったお酒を蔵出しする秋のお酒をさすようになりました。

千代の光 ひやおろし
千代の光 ひやおろし

千代の光 ひやおろしのデータ

  • 規格:本醸造
  • アルコール度数:15.5%
  • 原料米:越淡麗(麹)・五百万石(掛)
  • 精米歩合:54%
  • 成分値:日本酒度+3.0/酸度1.4/アミノ酸度--
  • お勧めの飲み方:
    冷○/常温◎/ぬる燗◎/熱燗△

新潟・妙高市(旧新井)にある千代の光酒造は、2000m級の妙高連峰より流れ出る矢代川の近くにあります。
その矢代川上流で掘り当てた水脈から湧き出る水を使用し、巧みな技を持つ杜氏や蔵人によってその酒は生まれます。

冬は雪深い地で深々と積もる雪とは逆に蔵の中では熱い酒造りが繰り広げられています。 柔らかな口当たりとすっきりとした後味で全国に多くのファンを抱える千代の光です。

ふみ店長よりおすすめのポイント

千代の光 ひやおろし」は、 秋の夜長にゆっくりと食事と共に楽しむお酒としておすすめです。

秋の旬のお料理に合わせ、やや濃い目の口当たりをまずは感じます。
その後は辛すぎず、キレのある後味で、飲み飽きすることなく杯が進みます。

脂が乗った秋刀魚やきのこをふんだんに使ったお料理など 料理を選ぶことなく、非常に合わせやすい味わいだと思います。

ラベルには秋を感じさせてくれる本物のもみじや和の風情がある金箔が漉き込まれ、 「秋のお酒・ひやおろし」に対する蔵元の思いとセンスの良さを感じます。


千代の光 ひやおろし 1.8L
価格:2,268円
(本体価格:2,100円 税8%:168円)
販売状態
2016年商品 1.8Lは完売しました

千代の光 ひやおろし 720ml
価格:1,134円
(本体価格:1,050円 税8%:84円)
販売状態
2016年商品 完売しました

かじや リアルタイム注文状況

朝日山 ひやおろし 純米吟醸

「ひやおろし」とは...
寒い冬に仕込んだお酒が貯蔵され春・夏を越え熟成されます。 昔は現在のように低温貯蔵が出来ず、外気温が上昇するとお酒が劣化する可能性がありました。 秋口になると冷たい秋風が吹き始め、外気温の様に冷えた貯蔵酒が出荷できるようになります。 このことを「冷や卸し」と言ったそうです。
今では低温でのタンク貯蔵が当たり前になり、 寒仕込みの新酒が夏までの熟成期間を経て飲み頃になったお酒を蔵出しする秋のお酒をさすようになりました。

朝日山 ひやおろし 純米吟醸
朝日山 ひやおろし 特別純米
※商品写真は最新の状態でない可能性がございます。

朝日山 ひやおろし 純米吟醸のデータ

  • 規格:生詰・純米吟醸(2014年より規格変更)
  • アルコール度数:16%
  • 原料米:新潟県産米
  • 精米歩合:55%
  • 成分値:日本酒度 +1.0/酸度 1.2
  • お勧めの飲み方:
    冷○/常温◎/ぬる燗◎/熱燗○

新潟県で一番大きな蔵元であり、酒造りへのこだわりはどこよりも強い蔵元です。
自然の恵みにより酒造りが出来ることを重視し、環境活動や文化活動にも力を入れていらっしゃいます。

新潟らしい淡麗辛口のお酒をお求めなら、迷わずお勧めするお酒です。

ふみ店長よりおすすめのポイント

朝日山 ひやおろし 純米吟醸」は、 スッキリとした口当たりの後に広がるほど良いうまみが特徴のやや辛口のお酒です。

ひやおろし 純米吟醸は、この蔵元らしいなめらかな口当たりとスッキリ感を出しながら、 純米酒のうまみを両立させた1本です。
吟醸特有の香りはほとんど無く、香り穏やか系の純米吟醸です。

個人的には常温で頂きたいと思います。
燗にするなら「ぬる燗」程度がおすすめ。

きのこを使ったお料理に合わせてみてはいかがでしょうか?
旬のきのこの香りを邪魔せず、ついつい飲みすぎてしまうようなお酒かもしれません。

ラベルも朝日山だと感じさせてくれる通称丸ラベルで、 瓶の色と対照的な秋の暖色系の色合いが印象的ですね。


朝日山 ひやおろし 純米吟醸 720ml
価格:1,512円
(本体:1,400円 税8%:112円)
2014今期完売御礼!
販売状態

かじや リアルタイム注文状況

越路乃紅梅 ひやおろし 純米生原酒(秋限定)【閉鎖サイト】

「ひやおろし」とは...
寒い冬に仕込んだお酒が貯蔵され春・夏を越え熟成されます。 昔は現在のように低温貯蔵が出来ず、外気温が上昇するとお酒が劣化する可能性がありました。 秋口になると冷たい秋風が吹き始め、外気温の様に冷えた貯蔵酒が出荷できるようになります。 このことを「冷や卸し」と言ったそうです。
今では低温でのタンク貯蔵が当たり前になり、 寒仕込みの新酒が夏までの熟成期間を経て飲み頃になったお酒を蔵出しする秋のお酒をさすようになりました。

越路乃紅梅 ひやおろし 純米生原酒
越路乃紅梅 ひやおろし 純米生原酒

越路乃紅梅 ひやおろし 純米生原酒のデータ

  • 規格:純米生原酒
  • アルコール度数:18%
  • 原料米:新潟上越産米(麹・もと:五百万石 掛米:こしいぶき)
  • 精米歩合:60%
  • 成分値:日本酒度 +4.0/酸度 1.6/アミノ酸度 1.4
  • お勧めの飲み方:
    冷◎/常温○/ぬる燗△/熱燗△

新潟上越地域の北部に位置する柿崎で造られるお酒です。
その柿崎は、海沿いから山間地まである海の幸(日本海)・山の幸(霊峰・米山)に恵まれた土地です。

その恵まれた大地で育った酒米と山から沸き出でる軟水を使用し酒造りが行われます。

目指すお酒は「酒自体が強い主張をして主役になる必要はなく、料理の脇役で良い」とのこと。
清酒とは「食事の中にあってはじめて活きるもの」と考えているそうで、 食事を食べる、一杯飲む、そして次の一口をまた美味しく食べることができる、 そのような酒を目指して日々努力されています。

ふみ店長よりおすすめのポイント

越路乃 ひやおろし 純米生原酒」は、 生原酒ならではの濃厚な口当たりとキレ味のある後口が楽しめる1本です。

一口目は濃い味わいの印象が強いですが、飲むたびに飽きることなく お酒が進んでしまいます。

これはまさに蔵元の信条である食中酒としての役割を考え、 あくまで料理の脇役に徹する味わいだと思います。

具体的には、濃厚な口当たりの後にキレを持たせることで、 お酒の味わいの余韻を残しつつ、次に食べる料理の邪魔をしないということです。

秋口は、食欲の秋と呼ばれるほど、旬の食材を使ったお料理がたくさんあります。
特にこの久比岐 ひやおろし 純米生原酒は、脂ののった秋刀魚などの濃い味のお料理との相性が良いと思います。

お召し上がりの際は、冷やしてがお勧めですが あまり冷やしすぎるのではなく、秋の外気温より少し低めの10度から15度くらいの温度帯で飲むと このお酒の良さが一番分ると思います。


越路乃紅梅
ひやおろし 純米生原酒 1.8L
価格:3,045円
今期完売御礼!
販売状態

越路乃紅梅
ひやおろし 純米生原酒 720ml
価格:1,523円
今期完売御礼!
販売状態

かじや リアルタイム注文状況

新潟上越 地酒の店 かじやの新着・更新情報
未成年者への酒類販売禁止
新潟上越 地酒の店 かじや Facebookページ
即日発送も可能です
店長・宮崎の予定
営業日・当月
今までにない楽しい日本酒を
まさか!酒店 ペン吟醸

担当:宮崎文徳
店長って、こんな人


ご注文確認メールの配信エラーについて(迷子メール)

お客様のお声

日本酒の豆知識

全国新酒鑑評会

荷物お問い合わせ

新潟上越 地酒の店 かじや Facebookページ

【かじや】かわらばん
お得な情報をゲット♪
▲メールアドレスをご入力

Google Sitemaps用XML自動生成ツール